スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
8月
2008 / 08 / 01 ( Fri ) 23:35:24
に入って、やっぱり暑い、暑中お見舞い申し上げます、って遅い?
今月中に歯の治療が終わる、時々休んでいたので去年から
チョコチョコと通っていたことに。
他は、自分の健康管理をしっかりしないとなー、って感じか。
ピートの事もあるけど、他モロモロあって、夏、遊びに行く予定は
特になしに、予定、予約をみな無くしてもらった。
まあそんな夏もあるでしょー。
偶然にも色々とNDAのオフシーズンになったけど、偶然だ(笑)
最近、近くの公園を散歩していて気付いたこと。
蝉の数、すごかった、1本の木に、軽くざっと数えて60匹以上、
それもすべてクマ蝉だ。
なんかの雑誌でクマ蝉が増えていると見たけど、本当にクマ蝉
ばかりだ、2,3年前にはあぶら蝉やツクツクボウシ、もいたのに。
自分達が子供の頃も、クマ蝉は少なくて捕りにくくて、蝉の中
では貴重な存在だったのに、これだけ多いと珍しくもなんとも
ないな(笑)
全然動かないからついつい、小石を投げて生きているか確かめ
たくなってしまった、当然、飛んで行った。
カブトムシとかクワガタとか、最近ではペットショップでしか見る
機会がないけど、子供の頃は、命燃やして捕りに行ってたなー、
ラジオ体操には行かなくても早朝に起きて行ったりとか。
田舎だったから、ちょっと山に入って、木を蹴ればポタポタと
クワガタとか落ちてくる秘密の場所とかあった。
山の中、マムシがいようと、他スズメバチ、クマンバチ、やぶ蚊、
そんなの気にせずサンダル、半ズボンでガンガン山に入っていた。
今、マムシ注意、とか看板立ってたら絶対に入らない(笑)
っていうかそんな風に知らせると余計に怖いって。
カブトムシは幼虫から育てたり。
カブトムシって、本当に元気が良くて強いやつと、普通のやつと、
すごく差があった、元気のいいやつは、手から離して地面に着く
までに羽を広げて飛び始めることができて、全ての動きが早かった。
あの赤カブトのことは今でも忘れないなー。
外国産のカブトやクワガタは図鑑でしか見れなかった、今と違う。
他、ここでは書けない、爆竹やクラッカーを使った遊び、とか。
海、山、川、が揃った夏休み、今考えるととても充実した感じだと
思う。
まあそんな夏を思い出す。
先日、自分の髪に白髪を発見。
ママに抜いてくれー、と頼む。
が、ママは、
”ツルツル滑って無理、コンディショナーとかしてるから”と、
誰だってそのくらいするだろー、キューティクルが生きてる!?
などと言いながら、それじゃー、その白髪をママが特定して、
自分の指に掴ませてくれたら自分で抜くから、と伝え、
はい、それが白髪、と言われて自分でおもいっきり引っ張り
抜いた、2本抜けていた、まあ1本は犠牲も仕方ないだろー、
とよく見ると・・・・・・
2本とも黒いやん!ちょっとー、これどおいうこと!?
とママに見せると、ママは腹を抱えて大笑いしている、
ワザと?と聞くと、違う違う、と言ってたけど、どうも怪しい。
まったく人の髪でなんということを!
まあそんなこんなで日々過ぎてます。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリアン・シェパード - ジャンル:ペット

未分類 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。